クーポンを利用してお得に生活!

気軽には入れるカフェ店!ドトールコーヒーのクーポンゲット方法まとめ

    

ドトールコーヒー
ドトールコーヒーの特徴

  • こだわりのコーヒーを楽しめる
  • 珈琲だけでなく軽食も楽しめる
  • 朝食にも利用できる便利なカフェ
  • デザートも楽しめる

ドトールコーヒーのクーポン情報まとめ

たぶん、多くの人が駅前で一度は、見たことがある
カフェ店といえば、ドトールコーヒー。

駅前で待ち合わせで時間がある時などに
私もよく利用するお店。コーヒーものめれば、
ちょっと小腹がすいた時にトーストやホットドック
など食べれるお店。

さてそんなドトールコーヒーですが、お得に食事ができる
クーポンはないのか?
あれば欲しいところですよね。ということで、
ちょっと今回は、ドトールコーヒーのクーポン券を
ゲットできるかどうか調べてみました。

スポンサードリンク



ドトールコーヒーのお得なクーポンのゲット方法まとめ

公式サイトでクーポンをゲット!

以前、ドトールコーヒーではドトールのポイントカードや
ドリンクチケットなどがありましたが、現在は終了してしまいました。

その代わりに、今はドトールバリューカード
というものができています。

ドトールバリューカード

このドトールバリューカードは
パスモやスイカみたいにお金をチャージして
利用できるカード。

新規会員登録で
300ポイントがもらえます。
(2017年1月現在)

ただしカード発行手数料として300円かかります。

またこのカードは商品購入時に
ポイントが貯まる仕組みもあります。
詳しくはこちらのドトールバリューカード詳細ページには
確認をしてみてください。

http://doutor.jp/

ホットペッパーグルメでドトールコーヒーの割引クーポンをゲット!

ホットペッパーグルメではクーポンを扱っている
ドトールコーヒーの店舗はありませんでした。

食べログからドトールコーヒーのクーポンをゲット!

食べログではクーポンを扱っている
ドトールコーヒーの店舗はありませんでした。

ぐるなびからドトールコーヒーのクーポンをゲット!

ぐるなびではクーポンを扱っている
ドトールコーヒーの店舗はありませんでした。

ドトールコーヒー公式サイトでのクーポン取り扱い ×(ポイントカード等あり)
ホットペッパーグルメでのクーポン取り扱い ×
食べログでのクーポン取り扱い ×
ぐるなびでのクーポン取り扱い ×

クーポンサイトの検索する手間を省けるようこちらにリンク先をまとめてあります。

スポンサードリンク



ドトールコーヒーの特徴と情報メニューまとめ

ドトールコーヒーのメニュー

ドトールコーヒー公式サイトより

気軽に立ち寄れるカフェと言えば、ドトールコーヒー。
待ち合わせなどにも利用しやすいお店です。

またモーニングなどもあったり、
ランチとして食べることもできるお店。

ミラノサンドも楽しめることで有名です。

そんなコーヒーやモーニングが楽しめる
ドトールコーヒーのメニュー分類を簡単にまとめるとこんな感じです。

ドトールコーヒーのメニュー分類

  • 季節のおすすめ
  • ホットドリンク
  • アイスドリンク
  • ミラノサンド
  • ホットドック
  • モーニング
  • ホットサンド
  • トースト
  • デザート

ドトールコーヒーのモーニングのカロリーまとめ

朝、家で食べなかったから、ちょっと外で食べようかなと
いうときに便利なカフェ、ドトールコーヒー。

モーニングがあるドトールコーヒーのメニューの
カロリーをまとめてみたいと思います。

(Aセット)ハムタマゴサラダ 318kcal
(Bセット)あつあつハムチーズ ~2種のとろけるナチュラルチーズ 260kcal
(Cセット)ジャーマンドック 279kcal
(Dセット)ベジタブルサンド ~5種の野菜とボローニャソーセージ 293kcal

上記はメニューのカロリーです。
あとはセットのドリンクのカロリーがプラスされます。

ブレンドコーヒー(S) 5kcal
アメリカンコーヒー(S) 5kcal
カフェラテ(S) 73kcal
ティー(M) 2kcal
ハーブティー ルイボス&レモン 2kcal
エスプレッソコーヒー(S) 5kcal
アイスコーヒー(S)) 9kcal
アイスカフェラテ(S) 37kcal
アイスティー(S) 3kcal

ということで、ドトールコーヒーのモーニングセットの
カロリーですが、

ざっくりみると
ドリンクとセットでだいたい300kcal~350kcalくらい
という形になります。

ドトールコーヒーのクーポンまとめ

ドトールコーヒーのクーポンですが、残念ですが、
公式サイト、ホットペッパーグルメ、食べログ、ぐるなび
などでの扱いはありませんでした。
ただし、ドトールバリューカードというのが新しくできて
ポイントを貯めて利用することができます。

なので、もしドトールコーヒーへ行く機会が多い人は、
このバリューカード会員になると良いのではないでしょうか。

ドトールコーヒーの公式サイト
https://www.doutor.co.jp/dcs/

スポンサードリンク